「大崎耕土」の看板設置

2018-07-03

平成30年6月21日(木)「大崎耕土」の看板が設置されました。

*古川国道維持出張所 HP引用 http://www.thr.mlit.go.jp/sendai/furukoku/

大崎耕土が東北初の世界農業遺産に認定されたことを記念して、大崎市あさひ東公園付近に

PR看板が設置されました。製作したのは、国道108号東バイパス工事に携わっている県内の事業者の

方々でつくる「古川東バイパス工事安全連絡協議会」です。

【 弊社も協議会員の一員です。】

11日には除幕式も開かれ、約40人の出席者が設置を祝ったとのことです。

この看板が、地域の発展の一助となることを願います。

※「世界農業遺産」とは?

世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域を、その技術や土地利用などと一体的に評価、認定する制度で、

次世代への継承を図ることを目的として、国連食糧農業機関(FAO)によって創設されました。

現在、19カ国49地域が認定され、日本では大崎耕土を含む9つの地域が認定されています。



Copyright© 2014 fujiyama Corporation All Rights Reserved.

〒989-4308 大崎市田尻沼部字新富岡57番地の1
TEL:0229-39-1234 FAX:0229-39-1209